撮影機材・写真現像



撮影機材について

 撮影する機材は、プロ用カメラと高性能レンズです。
 オリンピックをはじめ、各種プロスポーツ撮影で使用される最上級の高性能カメラやレンズを使用します。
 高性能カメラは、1秒間に10コマ以上の連写が可能です。走る姿を狙えば四脚が地面から離れた、わんちゃんが宙に浮いているように見える写真『フライングわんこ』も比較的簡単に撮ることが可能です。
 背景が綺麗にぼけて、主役のわんちゃんが浮き上がった写真は、高性能カメラと高性能レンズの組み合わせならではの格別な描写のお写真になります。
 また、高性能ポートレートレンズを使用したわんちゃんの撮影や、飼い主さんとの大切な時間の撮影などでもひじょうに印象的な描写が可能です。


googlefontsの使い方1


写真現像について

 よくデジタル写真は、撮影50%、後処理50%と言われます。
 撮影その場渡しの写真販売では、この後処理が施されていないのが現状です。また、後からお渡しの場合でも、データの選別だけでこのような後処理を施されていないのがほとんどです。
 露出、ホワイトバランス、コントラスト、色合い等々・・・、どうしても細部までは撮影の段階では調整しきれません。
 例えば、黒いわんちゃんを撮影すれば顔が真っ黒になってしまったり、わんちゃんの顔に露出を合わせれば背景が白っぽくなってしまいます。
 逆に白いわんちゃんの場合、背景が実際よりも暗くなってしまったり、わんちゃんの白い毛がベタッと真っ白になり毛並みが表現できません。
 通常、写真データは調整すれば調整するほど画質は劣化しますのであまり調整ができません。
 しかし、「RAW」で撮影することでこの問題は克服することができます。
 
 SORAGAKU GALLERYでは、すべて「RAW撮影」「RAW現像」でお渡ししております。
 通常の写真の5倍程のデータ量となり、必ず現像をしなくてはならないという手間もかかりますが、これは、SORAGAKU GALLERYのこだわりのひとつです。
 細部までのこだわり、それがハイクオリティな写真になるからです。



写真プリントについて

 最高級プロペーパーを使用します。
 発色の良さ、いつまでも最高の状態を保ち続けること、家庭用プリンターでは到底真似できない超高画質と、何十年も色褪せしない高耐久性をお約束いたします。



画像データについて

 画像データは、ブログやSNS、年賀状、カレンダー等、ご自由にお使いいただけます。ただし、転売目的でのご使用は不可とさせていただいております。
 そのほか、使用用途でご不明な点がございましたらご連絡下さいませ。




撮影者プロフィール

googlefontsの使い方1

ドッグフォトグラファー
山田 将包(やまだ まさかね)

 1972年生まれの山羊座、勝手にドッグフォトグラファーを名乗り茨城県を中心に活動しています。
 写真は、独自に学びました。フォトマスター検定などを受け、それなりの資格も有することができました。
 わんちゃんが大好きで写真が趣味だったことから、愛犬家の方々のお手伝いができればと思い、周りの方々の応援もありましてわんちゃんの撮影を始めることにしました。

 撮影スタイルとして、わんちゃんの目の健康を害してはいけないと万が一のことを考え、フラッシュを使っての撮影はいたしません。
 ですが、望遠レンズを使って屋外での自由に走り回るわんちゃんの自然な表情をとらえることや、ポートレートレンズを使って飼い主さんとの『絆』を切り撮るのは得意分野で、誰にも負けない自信があります。
 SURAGAKU GALLERYでは、そちらに重点を置いて撮影させていただいております。
 
 どうぞよろしくお願いいたします。

   
SORAGAKU GALLERY
代表  山田 将包
TEL 090-8772-8588
E-mail bb9999@jcom.home.ne.jp
inserted by FC2 system